夫の育休取得で数十万円トクする裏ワザ~年末年始が狙い目!社会保険料を節約~

育休の意外な活用で、数十万円トクする裏ワザです。

旦那さんが育休取得できる場合限定ですが、驚くほど節約効果があります。

これ、第一子を出産した年に記事にしようと思ったのですが、「ちょっとやりすぎでは?」と思いお蔵入りしていました。

その後思い切って公開しています。

年末に育休取得すると○○がタダになる!

12月、ボーナスの出る旦那さんも多いことと思います。

でも、ボーナスってすごい額の健康保険料・厚生年金が引かれて目減りしてしまいますよね。
(だいたい、ボーナス額の15%程度だと思います。)

この天引額をゼロにする方法があるんです!

それは、「年末に育休を取得すること」。
それも、勤務はたった1日休むだけでOKです!

社会保険料計算の仕組み

ボーナスの社会保険料が無料になる仕組みはこうです。

育休期間中は、社会保険料(健保・年金)がかからないんですよね。
そして、社会保険料は、毎月末の在籍状況から計算されます。

つまり、12月31日に育休をとっている人には、12月分の社会保険料はかからないんですね。

12月まるごと休んでも、12月31日だけ休んでも同じです。

末日に育休取得していると社会保険料がかからない図

だから、12月31日時点を育休でお休みにしてしまえば、12月に支給されるボーナス・給与の社会保険料が無料になるんです!

(ただ、ふつうの会社は12/31はもともと休日だと思いますので、その日だけでは育休を取らせてもらえないはず。そのため、年末年始の連休前後に1日だけ、本当に育休をとります。)

2018年-2019年のカレンダーならこう休む

今年の場合であれば、多くの会社では、仕事納めが12/28(金)→仕事始めが1/4(金)だと思います。

そこで、12月28日(金)から1月3日(木)まで育休を申請するのがおすすめです。

実際に仕事を休むのは12月28日のみですね。

お得な育休の取り方

12月29日(土)から1月4日(金)まででもOKです。

お得な育休のとりかた

年末年始に育休をとるとどうなる?

このように育休取得すると、どうなるかというと・・・

年末年始に育休をとる効果
・12月支給のボーナスの健康保険料・年金がゼロに
・12月給与の健康保険料・年金もゼロに
・育休手当が支給される

どうですか?けっこうな金額になると思いませんか?

節約額が20万円超になる方もおられると思います。

これまでにメールなどでいただいたご質問と、回答はこちらです。
(内容につき社会保険労務士さんの確認済みです。)

Q1
質問 年末は無理ですが、6月末であれば育休が取れそうです。6月末の育休でも同じ効果がありますか?

 

お答え 6月末でも同じです。
ただ、年末年始は休業日がありますので、「もともとお休みなのに育児休業給付金がもらえる」というメリットがあります。

Q1
質問 夫も育休手当(育児休業給付金)がもらえるのですか?

 

お答え はい。もらえます。

Q1
質問 将来の年金額が減らされるなどのデメリットはありませんか?

 

お答え 育休中の年金は支払ったものとして計算されますので、年金額は減額されません。
ただ、「退職金が減ると言われた」とご報告をいただいた例があります。これは各会社の規程によります。

取得に成功した例も多数!

私は出産した年の年末にこれを思いついたのですが、夫は契約社員ということもあり、結局実行はできませんでした。
(社会保険料は節約できても、来年の契約更新がナシになったら、元も子もありません^ ^;)

育休の取りやすい雰囲気の職場であっても、このやり方はちょっとセコくて、「そこまでするか」な感じがしますかね・・・

しかしこれまで、この記事を読んで旦那さまが育休をとられたというご報告を何件もいただき、心強かったです。

会社側にもメリット

このような育休取得は、男性の育休取得実績をアピールしたい企業・役所や、社長の判断でフレキシブルに対応できる組織ではOKが出やすかったようです。

「くるみんマーク」を取得すると、その会社が官公庁の入札で有利になるのですが、取得の条件として男性の育休実績が必要だったということで、大歓迎されたというお話も伺いました。

動機はどうあれ、男性の育休取得が珍しくなくなれば、うちの夫のような立場でも育休をあきらめずに済むようになり、ひいては誰もが育児しやすい世の中になるのでは・・・と期待しています。

不正なことはまったくないですし、会社にとっても社会保険料の節約になりますので、悪い話ではないと思います。

(社会保険料は労使折半で、会社も同額を負担しています。育休をとると、その会社負担分もゼロになります。)

実質的に、仕事を休むのは1日だけですし・・・。

数十万円単位の節約になりますので、育休の取れそうな旦那さまはぜひ。

申請はお早目に!

年末の育休取得なのですが、会社の給与、社保のご担当の方には、早く連絡しなければ、結構ご面倒をかけるかと思います。

ちょうどこれから、年末調整で税金額の再計算をする時期なのですが、育休取得によって税金額も変わってきます。

申請される場合はお早目にどうぞ。(年末調整の提出日前が目安です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です